女性のみならず男性でもむくみに悩む人は多いようで、一過性の症状で収まる場合はあまり気にしなくてもよさそうですが、部分的であっても慢性的症状には重大な病気からのサインである場合もあるので注意が必要です。
医学的には"むくみ"とは血液中の水分が血管外に滲み出し、異常に増加した状態で"浮腫"とも呼ばれ、骨ばった部位を数秒間押して放した後でもへこんだ状態から元に戻らない状態、を想像してもらえれば分かりやすいと思います。
体内の水分は体重の60%以上を占めており、主に血管内、細胞内および細胞と細胞の間に存在し、浸透圧を調整しバランスをとる役割を、ミネラルやたんぱく質の一種アルブミンによっておこなっていますが、病気等何らかの原因で血管外に過剰に溜まると浮腫となって現れます。
むくみが出やすいのは、顔、足、全身、で、何日も続いたり、体重の増減、血尿や尿量が少ないといった症状をともなっていたりする場合は、速やかに医療機関を受診することが大切ですが、女性の場合、筋肉量が少なく血管も細いうえ、黄体ホルモンの影響をうけることから一過性の症状がでやすいのは、病気ではなく性差と考えて差し支えないようです。

 

 在宅ワーク9  在宅ワーク10  在宅ワーク11  在宅ワーク12

物言わぬ臓器と呼ばれる肝臓病は進行がある程度進まないと自覚症状が現れないのが特徴で、上記の症状が見られた場合は、全身倦怠感をはじめ腹部膨満感、悪寒、腹痛など全身性の症状を伴っている場合がほとんどです。
この病気はさまざまな原因により肝細胞の壊死と炎症・再生が繰り返された結果、その場所に高度の繊維が増生し、血管系が破壊されて偽小葉と再生結節が形成され、肝臓が縮小し硬化することで生じます。
皮膚症状としてはむくみのほかに黄疸、クモ状血管腫、女性化乳房、手掌紅斑、色素沈着、出血傾向、皮下出血、白色つめ、太鼓ばち状指など特徴のある症状がみられ、血液生化学的検査、血液学的検査、画像検査などから得られた情報をもとに総合的に病気を判断します。
本病のむくみは血清アルブミン量の減少によるものと見られており、免疫機能や生態防御機能を低下させることにより引き起こされるようなので、低アルブミン血症の改善を図るよう分岐鎖アミノ酸顆粒(BCAA顆粒)を投与しますが、改善が見られない場合は食事療法はもちろん、利尿薬やアルブミン製剤の投与がおこなわれます。
肝臓の病気は急性で重症化することが多く難治性が高いのですが、むくみ等初期の症状を見逃さず受診し早期発見すれば、根治できるほど医療も進んでいるので気になる症状が見られた場合すみやかに検査することが肝要です。

 

 在宅ワーク5  在宅ワーク6  在宅ワーク7  在宅ワーク8

上記むくみに加え下痢や嘔吐、腹部膨満感、腹痛、脂肪便(泥状便ですっぱい匂い)等の消化器系の症状をともなう場合"タンパク漏出性胃腸炎"が考えられます。
この病気は以前 本態性低タンパク血症 と呼ばれていて、アルブミンと呼ばれる血漿中タンパク質が、消化管内に異常に漏出することで引き起こされるむくみで、原発性としては胃のメネトリエ病と腸リンパ管拡張症が、続発性として他の器質的病気に合併したものがあげられます。
タンパク漏出は、腸壁から静脈にいたる腸リンパ系になんらかの異常が生じたため、アレルギー性胃腸炎やアミロイドーシスにより消化管の血管透過性が亢進したため、潰瘍性大腸炎やクローン病、メネトリエ病、消化管の潰瘍性病変や悪性腫瘍による、といった3つの原因によって引き起こされると考えられています。
診断は血液生化学的検査でタンパク質・コレステロール・カルシウムの低血症、鉄欠乏性貧血が見受けられた場合、精査のため内視鏡や消化管造影、生検による組織検査、リンパ管造影をおこないます。
この病気の治療は原疾患に応じておこなわれ、病変部が限局している場合は外科的治療、腸リンパ管拡張症では半消化態栄養剤と利尿薬・アルブミン製剤、メネトリエ病では制酸剤投与が一般的ですが、原因不明のむくみを感じたらすみやかに内科で受診することをお勧めします。

 

 在宅ワーク1  在宅ワーク2  在宅ワーク3  在宅ワーク4

上記むくみの他、眠い、倦怠感、記憶力の低下、乾燥肌、脱毛、声がしわがれる、便秘、無月経といった多様な症状をともなった場合"甲状腺機能低下症"が疑われます。
この病気は 甲状腺ホルモンの分泌が低下した結果引き起こされ、40歳台以上の女性では5%程度見受けられますが、橋本病と主因とする原発性機能低下症(慢性甲状腺炎)と、甲状腺刺激ホルモン(TSH)の分泌能低下を主因とする続発性機能低下症によりムコ多糖体が皮下に溜まりむくみとなって現れます。
脱毛でかつらが必要になったり、声が低くなったりと、症状が女性の悩み多き部分といった病気でもありお悩みになる人も多いようですが、セルフチェックで自己診断が可能なので活用し、本症が疑われる場合は内分泌・代謝課のある病院で血液検査を受けてください。
血液検査では甲状腺ホルモン(FT4)および甲状腺刺激ホルモン(TSH)の低下のほか、コレステロールやクレアチニンキナーゼが有意に上昇し、健康診断でも発見できます。
ホルモンの低下によって引き起こされるむくみなので、甲状腺ホルモンを少量投与から初め、ホルモン量を測定して正常域に入るよう服用しますが、長期にわたって服用しても副作用等は見られていないので、加齢にともなう病気と思い、慌てず気長に付き合っていくことがQOL(クオリティ オブ ライフ)向上のようです。

 

 株入門7  株入門8  株入門9  株入門10  株入門11  株入門12

全身の倦怠感、動悸、腱反射消失、しびれをともなった場合は"ビタミンB1欠乏症"が考えられ、女性で夕方にむくみの悪化を見る場合は"リンパ浮腫"といった病気の可能性があります。
ビタミンB1欠乏症には脚気とウェルニッケ・コルサコフ症候群があり、よく知られている脚気は、最近ではインスタント食品などを偏食するために増えている末梢神経の、ウェルニッケ・コルサコフ症候群はアルコール依存症の患者に見られる中枢神経の病気です。
ビタミンB1欠乏による疾患ですので、注射によって補えますが、過剰摂取による障害が報告されているので、治療は専門医の指導に従って実施してください。リンパ浮腫は、リンパ管の圧迫や狭窄のために、内容物であるタンパク質がしみ出したため むくみ が現れ、皮膚の変性と繊維化が起こり次第に硬化していく 象皮症 と呼ばれる病気へ進行することがあります。
本症を認めた場合、アイソトープによるリンパ管造影を行い狭窄部位を特定するほか、悪性腫瘍の検査にはCTスキャンを使用した検査が一般的です。
一過性のものであればマッサージや運動、ストッキング着用、温浴、手足を高くする等の対処療法で間に合いますが、繊維化し硬化を繰り返す場合は外科手術が必要ですので、病気の原因をつかむためにも、むくみが出て一過性でない場合は内科を受診することをお勧めします。

 

 株入門1  株入門2  株入門3  株入門4  株入門5  株入門6

具体的な箇所ではまぶたや上腕部皮静脈の拡張をはじめとする、上半身に症状が現れる場合"上大静脈症候群"と呼ばれる一連の病気が疑われます。
本症は上半身を巡った後血液が心臓に戻る上大静脈が、何らかの要因で閉鎖または狭窄することにより、還流障害をひき起こしうっ血した結果あらわれるむくみなのです。
この病気の8割近くは肺がんにより引き起こされることが報告され、肺がん患者の3%前後で本症が見受けられることから近年注目を浴びていますが、そのほかの原因として胸部大動脈瘤や縦隔腫瘍が考えられるので、気になるむくみを認めた場合は専門医になるべくはやく診てもらうのが賢明です。
本症の検査は静脈圧の測定に始まり、必要に応じ静脈造影をおこなって狭窄部位を特定するほか、胸部MRIやCTスキャンを実施して、縦隔において肺がん等上大静脈を狭窄している腫瘤の有無を画像で診断することも可能です。
治療は原疾患の治療を優先することになり、悪性リンパ腫ならば放射線治療、良性腫瘍であれば摘出しますが、肺がんであった場合手術ができないことが多く、命に関わる病気となりますので、上半身のむくみを感じたら速やかに内科で診てもらうことをお勧めします。

 

 レーシック9  レーシック10  レーシック11  レーシック12

上記症状のほかに夜間の多尿や全身性の倦怠感をともなったときは"慢性心不全"が考えられますので、すみやかに専門医の検査をうけることをお勧めします。
本症の場合のむくみは心臓機能の低下により血液がうっ血(うっ滞)することで生じ、時に急性心不全に移行することを繰り返しながら進行していくことがあり、生活習慣病の一つで、加齢にともなって増加しますが、経過しだいでは5年で罹患者の半数が死亡する現在でもこわい病気です。
病気の診断は皆様もよくご存知のように心電図、心エコー、胸部X線画像の検査でおこなわれ、血液検査でもBNP(脳性ナトリウム利尿ペプチド)が、心不全の重症度を測るのに使われていて検査体制は万全です。
うっ血によるむくみは、飲水や塩分の制限と利尿薬、降下剤(ACE阻害薬、アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬、抗アルドステロン薬)によって血圧を下げ改善をみますが、虚血性心疾患に対してはバイパス手術やバルーン療法による冠動脈血行再建、弁膜症に対しては外科手術、不整脈に対してはカテーテルアブレーションやペースメーカーの使用を施しますが、重症の場合は心移植が検討されます。
いずれにしてもむくみ程度での初期診断は自身では不可能なので、気になる症状を感じた場合に速やかに専門医に診てもらい、病気の早期発見につとめることが大切です。

 

 レーシック5  レーシック6  レーシック7  レーシック8
小児に多く見られる病気に"急性糸球体腎炎"があり、尿量の減少をきっかけに、むくみや血圧の上昇とともに血尿が認められることがあります。
本症状の原因は溶血性連鎖球菌の感染が90%を占めており、先行感染をきっかけに腎臓内糸球体に急性の炎症を引き起こすことで尿量減少、尿によって排出されるはずの余分な水分および電解質や老廃物が体内にたまることで、むくみや血圧上昇をまねき、炎症によって傷ついた糸球体から赤血球が漏れ出てきて血尿を引き起こすことがあります。
この病気は上気道感染症(扁桃腺炎、咽頭炎、喉頭炎)から平均10日の潜伏期をへて発病することが多く、小児の場合2週間~1ヶ月くらいで収束することが多いのですが、成人の場合半数近くが慢性腎炎に移行することが多く厄介です。
残念ながら腎炎を根本的に直す治療法は現在のところないのが現状なので、対処療法や保存的療法として、とりあえず安静と保温に努め、溶血性連鎖球菌の感染であれば抗生物質の投与、乏尿に関しては利尿薬の投与、高血圧には降圧薬を投与し、症状が和らげば普通の生活に戻りますが、腎臓保護のため厳しい食事療法がつきまといます。
むくみをともなった同様の症状でも、IgA腎症の急性憎悪やループス腎炎などの病気の可能性もあり診断には専門医による検査が必須です。
 レーシック1  レーシック2  レーシック3  レーシック4

顔がむくむのに手足が細る特徴的な症状のほかに、腹部が太り、皮膚に赤紫色の亀裂、にきびや月経異常、性欲の減退などの症状がみられた場合"クッシング症候群"が疑われます。
この病気は副腎皮質で産生される コルチゾール と呼ばれる、ステロイドホルモンが増えすぎたために引き起こされる症状で、特異な症状を引き起こすうえ高血圧、糖尿病、骨粗しょう症などを合併することもあり注意が必要な病気です。
コルチゾールは肥満細胞を増殖させる働きがあり、顔や腹部にむくみを引き起こしますが、筋肉細胞を萎縮させる働きも持ち合わせているので手足は細くなり、全身に脱力感をもたらします。
病気の検査は血液中や尿中のホルモンを測定しますが、コルチゾールは微量しか検出されないうえストレスによって容易に変化するので、負荷試験といった様々な条件下での測定を実施し、結果が陽性であればMRIやCTスキャンで腫瘍を調べます。
むくみの原因コルチゾールは副腎皮質から分泌されているので、副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)を分泌する下垂体に腫瘍ができている場合と、副腎皮質に腫瘍ができている場合がほとんどのケースで、治療には外科手術による摘出がとられます。
腫瘍を主因とするこの病気は早期発見・早期治療が鉄則なので、むくみを初め上記症状に気づいた時点で速やかに内分泌・代謝課で精密検査を受けることが肝心です。

 

 白髪1  白髪2  白髪3  白髪4  白髪5

全身にむくみを感じるほどに悪化し、腹水や腹水を認め、高脂血漿を認める場合は"ネフローゼ症候群"が疑われますので、専門医に相談しましょう。
この病気は糸球体基底膜でアルブミン等、高分子タンパクの透過性亢進によって高濃度の蛋白尿を排出することにより低タンパク血症となるため、浸透圧の低下や、循環血漿量の増加によりむくみや血液中の脂質の上昇を引き起こします。
この病気の怖いところは様々な腎疾患が含まれることで、原発性糸球体疾患による原発性ネフローゼ症候群と、糖尿病性腎症、膠原病、アミロイドーシスなどの全身的なネフローゼ症候群があり、小児ではほとんどが一時的な疾患で終始しますが、50歳以上では慢性化することが多く再発率も高いことです。
対処療法としてむくみに対しては、水分と塩分およびタンパク質摂取量の食事制限が必要で、薬物療法としてステロイド剤の投与が多いのですが、難治性の場合はアルブミン、降圧薬(ACE阻害薬、アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬等)、抗高脂血漿薬の投与をおこない、効果が薄い場合は血液ろ過をおこなうこともあります。糸球体硬化症や慢性腎症を併発した場合、抵抗性が認められることが多く、ネフローゼ状態が続けば腎機能障害が慢性化することもあり注意が必要な病気です。

 

 再就職4  再就職5  再就職6  再就職7

カテゴリ

月別アーカイブ

このサイトを購読する